読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症

一生夢を見ていたい。

7/2 16:00 コインロッカー・ベイビーズ

こんなにもワクワクして、考えて考えて、疲れたのは久しぶりかもしれません。

 

今迄にないくらいの疲労で少し頭が回っておりませんが、忘れてしまいそうなので書き記します。

 

コインロッカー・ベイビーズ芥川賞作家、村上龍さん原作の小説です。

 

本は割と好きなほうで、気になったものを見境いなく買ってしまう癖があり、30冊はまだ未読の本が溜まっている状況で。

 

もちろんこのコインロッカー・ベイビーズも気になり買おうかなと思い数年が経とうとしています。

 

今回舞台化すると聴き、観てから買おう、と決めたため、おおよそのあらすじのみを頭に入れて観劇いたしました。

 

単純に思ったのは、人は人によって自分の人生を狂わされることがあるけれど、その狂いから救いだしてくれるのはまた人なんだな、と。

 

生まれたばかりの人生が母親の手によって狂わされたハシとキク。

 

そこに手を差し伸べたのはアネモネだったり、Dだったり、ニヴァだったり。

 

しかし、再び狂わされ。

 

でも最後は自由を得るんですよね。

 

人って面白いなぁって思った瞬間でした。

 

ここからはハシ役の橋本良亮くん、キク役の河合郁人くん、アネモネ役の昆夏美さんについて少し書かせていただきます。

 

まず、ハシ役の橋本良亮くん。

 

彼は、もうただただ天然で人懐っこい子犬のようなイメージしかなかったのですが、追い詰めれ、精神的に病んでいく姿はこれ本当にハッシーなの?って思うほどで。

 

ハシのあどけなさというか、純粋さを残しつつ、でも狂っていくという素直な姿に心を打たれましたね。

 

キク役の河合郁人くん。

 

彼がキクとはなんとも不思議な感覚でした。

 

もちろん彼にもキクのようなクールな一面はあるのですが、ニコリともせず、基本的にローで。

 

しかし、芯の通った男らしい部分はふみきゅんかな、と。

 

そしてアネモネと絡むキクはなんともセクシーで少し目のやり場に困ってしまうほどの色気でした。

 

vanillaをもっと大人にしたといいますか。

 

あまり適切ではないとは思いますが、ただただエロい。笑

 

最後にアネモネ役の昆夏美さん。

 

彼女は一度、『ブラッドブラザース』という舞台で拝見したのですが、小さな体のどこからそんな歌声が出るの!?と驚愕したのを覚えています。

 

今回も力強くて伸びの良い歌声に魅了されました。

 

キクを一途に想い、信じて待ち続ける姿は、アネモネの花のようで、本当に素敵だな、と。

 

アネモネは彼女だからこそ成立する役だと思いました。

 

 

個人的に思ったこと、考えたことです。

 

大きく間違っている点の方が多いかと思いますが、これからパンフレット、原作を読んで理解を深めようと思います。

 

取り急ぎで失礼します。