読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症

一生夢を見ていたい。

9/30 19:00 縁〜むかしなじみ〜

無意識に4人に重ねて観てしまいました。

 

こういう友情もの本当に弱いんですよね。笑

 

人間関係描く、みたいなヒューマン系。

 

自分好みの話で本当泣きそうでめっちゃ堪えました。

 

あらすじはネタバレですのでスクロールお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな田舎で育った謂わば幼馴染4人。あることがきっかけで離れ離れになってしまい、3人と1人に別れてしまいます。3人はどんどん廃れて行く自分たちの町を眺めながらある約束を胸に頑張り続けます。そこへ、町の開発が入ることになり、猛反対。そこへ離れ離れになっていた友人が戻ってきて土地を売れと行ってきます。その友人はその開発に関わっていました。さて、4人は町のためにどうするのか。

 

ざっくりふわっと言うとこういう感じです。

 

ふぉ〜ゆ〜さんが幼馴染!!!しかも現在の設定29歳!!!!

 

こんなリアリティなことありますか?ってくらい4人だし、何よりそれぞれの人物が自分が見る限り本人そのもの、なところがあって。

 

もうふぉ〜ゆ〜として観るしかありませんでした。(いや、勿論いや、役だ役だ、と唱えましたが)

 

 

辰巳さん

良毅、不器用ですごく素敵ですよね。全て話すべきなんだけど、話してしまうと3人のためにならないから態と怒るようなことを仕向けて。でも不器用だから上手く伝えられないというか、健太(ザキさん)がまっすぐに受け止めてしまって(恐らくどちらもかなと思いました)どんどん自分を悪者にしちゃって。でもみんなが気づくならって悪者になって。言っちゃえよ!って何回思ったか笑この町が好きで好きだからこそというその気持ちだけで顧みず身を投じれるというのは素敵だな、と。自分が好きなものと好きな人のためにあそこまで自分を犠牲にするではないけど、そういう風にできるって難しいし、勇気のいることだと思います。辰巳さんは細かい演技が綺麗で、今回もその演技が不器用で熱い良毅を引き立てていたのかな、と思いました。

 

こっしー

まず、言いたいんですけど、和也ってこっしーじゃね?ってこと。自分の中でこっしーって一歩引いて回りを見ている気がするんです。

和也は3人を後ろから見ていて、でもこっしーとは違って1人ではちょっと勇気がでない引っ込み思案というか、慎重な性格なのかな、と。大樹(福ちゃん)の素行を正す時も健太を呼んで2人で説得しようと試みるし、先輩からお金を預かった時も自分の欲より、友人の元に逃げ込んだ。きっと和也はそんなつもりはないでしょうが、なんとなく、ちょっと言ってしまえばビビりなのかな?と。もしそうであればちょっと可愛いかもしれませんが。しかし、健太の熱は和也が冷ましている、というか。一歩引いて見れているから落ち着いて話ができるのかな、と。少し熱くなるところもありますが、そこは和也の人間らしいところなのかな、と。よくうつむいていましたが、そこに和也の迷いや、良毅や町に対する思いがあったのではないかな、と思いました。

 

福ちゃん

回想シーンの大樹が一番好きかもしれません。中高生の大樹がほんとにその辺にいる子みたいな感じで。とても29歳に見えませんでした。ずっと足をプラプラさせて、ちょっと落ち着きがなくて、ちょっとポケットに手つっこんでかっこつけちゃって。しかし、大樹も大樹で野球が出来なくなり、自暴自棄に走ってしまって。一番少年らしいな、と。夢だけ見ていたのに突然その夢を絶たれ、どうすれば良いのかわからなくて。そのもどかしさなんとも言えないんですよね。周りには相談なんてできないし。一番共感した部分でもあります。大人になって、ばっちゃんの店を必死で守って、そんな矢先に開発で土地を売れ、なんてそんなの受け入れられませんよね。最後、ばっちゃんが自分の好きなことをしなさい、と大樹に言いますが、大樹はばっちゃんの面倒を見るよ、というシーン。ばっちゃんは気持ちだけもらうよ、と大樹に優しく言い聞かせます。そこがもうほんとにおばあちゃんと孫のようで。素敵な関係だな、と思いました。

 

ザキさん

健太はほんとに素直だな、と思いました。町がほんとに好きで、本人の前では素直じゃないけど親父が好きで彩(田中れいなちゃん)をちょっと意識しちゃって笑嘘がつけないんだな、と。そして町と仲間のためならなんでもする!という勢いだけはすごくあってでも馬鹿正直だから裏目に出ちゃうこともあって、憎めないなぁみたいな可愛らしい青年だな、と思いました。だからすぐ怒りに変わっちゃって。本当は優しいからなんでしょうね。でも、素直に受け止めてしまうからつい怒ってしまう。ちょっと大人になりきれていない部分が、表情や言動に出ていたと思います。とりあえず冒頭でイカ焼きを食べてるシーンは面白かったです。(あれは東京のイカ焼きですね)

 

 

 

今回は席の都合により、一部観えていない部分もあったのですが、それでも十分素敵でしたし、最後のだんない節は力強く、それでいてそれぞれの個性がでていて圧倒されました。

あと少し、公演は残っていますので、怪我なく頑張ってほしいです。

 

 

 

 

*語弊をかなり含みますがお許しください。