読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症

一生夢を見ていたい。

4/8 18:30 最高はひとつじゃない2016 SAKURA


語彙力がなくてこの感動を表現できないことがもどかしいです。

今回のこの舞台に関してはいろいろ私情が重なり、全くリサーチできず。

ですので、内くんとKREVAさんが出るということ以外、ストーリーもコンセプトもキャストもなにも分からず、会場にも直前に着きましたのであらすじも確認できず、本当にまっさらな状態で観ました。

まず、自分はラップというものにあまり馴染みがありません。

そもそもリズム感が非常に悪く、そして感性も全くないような人間なので、そういうものが必要だと思っているラップとはKAT-TUNの曲くらいで。

あと強いて言うならA・RA・SHIかなぁくらいなものでした。

掛け合いがなんだかもう楽しくて楽しくて。

こんなジャンルあったのか!と思わず前のめりになるほどでした。

舞台のジャンルも何と言って良いのか、、、。

音楽劇という括りになっているようですが、音楽劇の域を越えているような印象を受けました。

歌あり、ラップあり、ダンスあり、殺陣あり、芝居あり、笑いあり、涙あり、ともう本当にめまぐるしくて。

そして演者さん一人一人の表情がすごく良いんですよね。

特に小西真奈美さん。

彼女(という表現で良いのか・・・というところですが)は内くん演じる青年を見守り、時にKREVAさん演じる男をも見守るようなそんな女の役でした。

ずっと見守っているんです。

透き通った声、優しい笑み。

なんだか包まれているような錯覚に陥りました。

あと、目が離せない!ってなったのは元AKB48増田有華さん。

彼女は気づけば青年のそばにいる女の役でした。

AKB系列は身内が好きで自分もそれなりに聞いていましたが、そこまで深くないため彼女についてよく知りませんでした。

ですので、彼女の歌声を聴いてなんて生命力溢れる歌声なんだ、と。

力強く、クリアで、濁りのない歌声で、好きだなぁと思いました。

表情もまた良いんですよね。

私今すっごく楽しい!と言わんばかりの表情で、つられて笑顔になってしまう、そんな女性でした。

今回は初めてのことばかりで全てが目新しく感じました。

そして、明日からも頑張らないとな、まだまだ自分はできるぞ!と思わせてくれるようなそんな舞台でした。