読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症

一生夢を見ていたい。

1/15 13:00 Johnny's World

ネタバレあるかもしれません。
今年も観劇させていただきました、
ジャニーズワールド。
ジャニーさんが一貫して伝えたいこと
はきっと平和なんだろうな、と。
プロデューサーがしきりに口にする悲劇と
健人が反抗するように発する愛。
ただただみんなが幸せになれる世界を
望んでいるんだな、と。
悲劇ばかり起こっているように見えるけれども
間には幸せもあるんだよ、と。
何故幸せを見つけないのか、と。
悲劇がないと幸せは掴めないんだよ、と
言っているかのような掛け合い。
どこか今のジャニーズ事務所
通ずるものを感じました。
そしてやたらと歌われるHiHiJet。
最後のHiHiJetは大人組が歌っていたからか
深みがあり、そして一筋の光を感じました。
僕たちの未来は明るいんだよ。と
言っているかのような素敵な表情、
歌、ダンスでした。

以下、自分が目当てが観察した人、
目が離せなくなった人について。

阿部亮平。
今回の一番の目的は彼でした。
基本的ににこやかでずっと楽しそうでした。
瞬間瞬間を切り取っても今すごく楽しい!
っていう表情をしていて。
しかし、かっこいいシーンは
ちゃんと作っていて、殺陣のシーンで
一番手に突っ込んでいく姿はTHE男でした。

入所当時から気になっている彼。
まず髪型が変わっていたことに
びっくりだったのですが、
その髪型がすごく似合っていて。
そして、少年たちでメインを経験したことで
自信がついたのか、Real Faceの彼は
ただただ男で。
すごくギラギラしていて素敵でした。

『ありがとう今』の歌声を聞いて
驚愕しました。
安定した音程に深みのある歌声、
伸びの良いビブラート。
とにかく9月の少年たちとは比べものに
ならないくらい成長していました。

今村隼人。
自分が密かに推しているJr.。
目が悪くなかなか見つけられず。
Forever Lでやっと見つけたのですが、
やはり彼は笑顔が素敵で去年より
ダンスのスキルが上がっていました。

長妻怜央。
New Dayの長妻くんが素敵でした。
キレがあってかつしなやかなダンス。
手足が長いからかものすごく目に入って。
綺麗なダンスで今後も期待です。

谷村龍一。
彼が目に入らない人はいないと思います。
前でも後ろでも関係ない。
常に全力で自分を表現していて。
どこにいてもあ、谷村だ、と。
オーラからも俺ここにいる!と
熱いエネルギーを感じました。

猪狩蒼弥。
彼はすごかった。とにかくすごい。
表現力がHiHiJetの中で一番豊か。
しかし、表情がほとんど変わらなかったのが
残念でした。
彼はまだまだこれから伸びると思います。

まさか内くんがあのプロデューサー役を
するとは思ってもいませんでした。
Endless SHOCKに長年出演している彼が
後輩達に「何があっても自分達で責任を取れ。
Show must go on.だ。」と言っていて
鳥肌が立ちました。
そして彼のダンスも歌声もまだまだ
成長していて観るたびに圧倒させられます。
また歌声に深みが増していた気がしましたし、
ダンスもしなやかさが増していた気がします。

他にも素敵な子はたくさんいましたが、
自分が目に止まった子は主に8人です。
年々進化しているジャニーズワールド。
この舞台には明るい未来以外
考えられない気がしました。
以上で薄い内容ではありますが、
感想とさせていただきます。