読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症

一生夢を見ていたい。

9/17 18:00 少年たち

行く前から内容が良く分からないという
レポを見ていたので多少構えていたのですが、
印象としては良い所だけを摘んで
ギュッと詰め込んでる感が否めなかったです。
イワモトとジェシーのシーンはもっと
アプローチが欲しいと思ったし、
ジェシーの強制送還は無理やりというか、
そのシーンだけ浮いていたので
もうちょと伏線を張っても良かったのでは
ないかなって個人的に思いました。
以下自分が気になった人、目についた人です。

阿部。
この子こそギャップだな、と。
Snow Manにいるから当然ダンスが
上手いのは分かっていましたが、
想像を超えるしなやかさで。
歌もよくが声が通っていて綺麗でした。
あと終始笑顔の印象。
あぁこの子今楽しいんやなって
すごく思いました。

佐久間。
前置きしておきますが、生憎彼は自分の型に
はまる人ではなく、今迄気に
していませんでした。
ですが、今回彼に魅了されました。
とにかく表現力が豊か。
誰よりも振りが大きく、全身から感じる
彼のバイタリティーは素敵だな、と。
もっとミュージカルに出て欲しいと
思うほどでした。

高地。
今回の個人的な目的と言っても
過言ではない彼。
昔から注目している分、期待度が
高かったのですが、それを遥かに
超えてくれました。
堂々とした立ち振る舞いと魅せ方。
グループができて何か変わったようでした。
それまでどこか自信がなかった彼ですが、
ものすごく堂々としていて、個人的には
成長を感じることができました。

向井。
松竹とは役柄が違い、看守役でしたが、
彼らしい明るくしかし明るいだけではなく
看守長に従うべきところは従う、
だがしかし不服があるというテンションの
違いを上手く演じていたと思います。

西畑。
彼はもうなんといいますか。
Twitterでちょっとつぶやきましたが、
彼にはジュニア時代の重岡くんを
彷彿させる孤独感ときらめきがありました。
今のこの状況を受け入れ、臆することなく
前に突き進んでいるといった印象でした。
彼にはこのまま上を目指してほしいです。

根岸。
今回の少年たちで素敵だと小耳に
挟んでいた彼。
彼は看守長に従う看守役だったのですが、
懲罰の場面で、囚人を戒める時の顔がもう。
この子こんな顔をするのか、、、と
びっくりしました。

松竹座の少年たちは新しいながらも
今までを継承しているイメージでしたが、
日生劇場の少年たちは今の少年たちを
つくりあげているといった印象でした。